カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
お客様から頂いた素敵な施工例をご紹介します。
 

・BEACON
名古屋市 A様邸 施工例  使用タイル:BEACON BC−10S
2024年新春に新築マイホームを完成されたA様。2階の階段を上がったすぐ目の間にあるニッチにBEACONを使用されましたので、インタビューに伺ってきました。


◆そもそもタイルを使用されたのはなぜでしょうか?

- もともと器や焼き物が好きで、マイホームには是非お気に入りのタイルを取り入れたいと考えていました。どちらかと言うと絵付けされたものよりも、ひび割れや釉薬独特の表情に惹かれます。タイルの中には消臭調湿などの機能を謳うものもありますが、機能より焼き物本来の魅力があるタイルを使いたかったです。
 

◆今回なぜBEACONを使用しようと思いましたか?

- Instagramの投稿を見て、美しいレリーフに一瞬で虜になりました!そのとき見たものは黒くてメタルカラーを感じさせるタイルで、焼き物らしさとレリーフの融合がとにかく格好良くて惚れ惚れしていました。(※BC-40は現在生産されていません)
ただ、白を基調とした壁紙に合うものを…と考えた結果、今の色に落ち着きました。実物を取り寄せたりして沢山悩んで決めたので、とても満足しています。

 
◆何か迷った点はありますか?
- 絶対に使いたい!と意気込んだものの、家の中のどこに使うか迷いました。もともと家事室に、と考えていましたが、いやぁ、ちがうなぁ。。。。レリーフが続いているので、使うなら広い面がいいな!と思ってここに決めました。
2階は寝室だけなので、寝に行くだけの所に何か気分の上がるコーナーを作りたいと思っていて、寝室手前のニッチに設置したら大成功!毎日ニッコリしながら階段を登り降りしていますよ。





◆どのような点が気に入っていますか?
- 何といってもレリーフの美しさです!光の受け方によって表情を変えて魅せてくれるところが凄く気に入っています。 自然光で柔らかくツヤツヤとする様子も、照明で陰影際立つ様子も、朝晩いつどこから見ても飽きません。
そして我が家の場合は、このニッチに照明を設置した事も大正解でした!というのも、照明に反射したレリーフが壁に少し浮かび上がるのです。それがまた良くて…素敵なポイントが沢山あります!

BEACONのレリーフは実は単純で、緩やかな曲線が左右対称に交差してできていることに気が付いたときに「これは子供の知育になりそうだ」と思いました。(A様は1歳になったばかりの男の子のお母様)
自分が小学生の時に、丸の重ね方を変えるだけで、梅の花が描けたり、他のものを表すことができることを知った時の驚きや喜びを今でも覚えています。BEACONを見た我が子にも、ある日似たような発見をしてもらえたら嬉しいなと思っています。




【番外編】
こだわりのA様。お子さんの本棚の中やキッチンのニッチにも、ご自分で選ばれたタイルを使っておられます。
 
どちらも美濃焼タイルです。
本棚にはゴールドをあしらった特注ミックスにされています。
可愛らしいお子さんの目に触れる場所にタイルを使っていただいて、嬉しいです!
 
キッチンのニッチには、取り寄せたサンプルを廃棄されずにお好みの色を混ぜて、これまたオリジナルのミックスにされています。




Tanto



Tantoとはイタリア語で、「多くの」「たくさんの」を意味します。このタイルには一般的な量の何倍もの釉薬(うわぐすり)のせており、そのぽってりとした様子からTantoと名付けました。

タントは焼き物の風合いを大切にしたタイルです。
毎日眺めていただく中で、さまざまな表情に気づいていただけると思います。
「タイルのある暮らし」を実践してらっしゃるお客様が、素敵に施工してくださいました。


お客様の声
真っ白ではない、白いタイルをずっと探していて巡り会えたタイルです。
釉薬の塗り方にもこだわりが詰まっていて、毎日目に入ると、落ち着いた気持ちになれます。
 



オーシャンブルーシリーズ

使用品番:OC-17-22M




 

フローラ

使用品番:FL-1 アイボリー


どちらの施工も、お客様にお喜びいただきました。